貴方の足裏の臭いの原因と対策

貴方は外出から帰ってきて靴を脱いだとき、悪臭で嫌な気持ちになったことはありますか?足裏に悪臭の原因は雑菌です。綺麗に清潔な状態でも、常在菌が足裏に潜んでいます。

ウォーキングなど足を使うと、汗と混ざった皮脂や角質などが混ざって、納豆に含まれているイソ吉草酸と、酸っぱい臭いの酢酸が雑菌を繁殖します。

ノアルフレシャンプーは評判通り?

足裏は汗腺が集中しており、なんと背中の5~10倍も多く汗が出ています。私はウォーキングで特に背中に汗をかきやすいのですが、ネットで調べて見ると、そんなに多く汗がでていたというのを知り驚きました。

靴や靴下は、清潔にしていますか?同じ靴や靴下を履いていると蒸れて臭いの原因となります。とはいうものの、サラリーマンなどは裸足で通勤するわけにはいかないので、雑菌が繁殖しやすくなります。特に革靴やパンプスは通気性が悪いので、汗がこもりやすく雑菌が繁殖しやすくなるのです。

お風呂で綺麗に洗っても臭いが残る原因は、疲れが溜まっていると、内臓の働きが弱まるため、尿として出るはずのアンモニアが血液によって全身を巡っていきます。

特に立ち仕事をしている方は、足の血行が悪く下半身に老廃物が溜まりやすくなります。

こまめに足裏マッサージをすることで、老廃物を流すことが臭いを改善する効果が期待できます。