自分で開いた扉に直撃

以前働いていた職場のトイレ。
2か所あるうちの近場のトイレは押して入るタイプなのですが、
少し離れたところにある、私のお気に入りのトイレは、扉を引いて入るタイプでした。
そこはL字の位置にお隣が配置されていて、タイミングが悪いと隣から出てくる人の扉に挟まれてしまう恐れがあります。

ルルクシェルのナイトブラ

そんなわけで、入る際は「もしかしたら挟まれちゃうかも」と、
急いで左手で力いっぱい引っ張って右側からすり抜けるように入るのですが、
その時にドカンッと衝撃が・・・
初めは何が起こったのか一瞬わからなかったのですが、扉が自分の胸にあたって少し吹っ飛ばされてしまうんです
(左手で扉の取っ手を持っているので転んだりはしませんが)
理解してからも、やはり急いで入るので、扉スレスレを攻めると、時々ぶつかってました。

ちょっと気を遣って、胸の小さい子のいないところで、
そこそこ胸のある子に小声で上記のエピソードを話してみたら
「わかります~!」と話が盛り上がり、安心しました。

私も彼女も、ドジっ子タイプではないのですが、
こういうところを見られてしまうと、「胸が大きい=ドジ、天然」みたいなイメージがついてしまうのかもしれませんね。

あと、自分としては気を遣ったつもりで、胸の小さい子を避けて、エピソードを話したつもりだったのですが、
私は男性(ボディビルをやってるので、並の女性よりは胸が大きい)なので、誰に話してもセクハラ認定を受ける恐れがありましたね。
今後、より一層気をつけます。