バランスをとるのが難しい

子供が2人以上いる場合に親が困るのが、どうやっても平等に育てることができないという点ではないでしょうか。

プラステンアップαの効果を徹底検証!ネット上の評判や私の口コミ体験談!

例えば一番上の子は最初の子ということもあって、必要以上にしっかりと手をかけます。

しかし2人目以降になると慣れと同時に、子供の人数自体が増えることで一人当たりにかけられる時間も少なくなり、結果的に1人目の子よりも対応が雑になりがちです。

そして一番困るときがケンカのあった時です。

よくありがちなのが、上の子に対して「お兄ちゃん(お姉ちゃん)だから我慢しなさい」と言って、上の子に言ってしまう対応です。

親としては上の子の方が育っている分、ついつい上の子ばかりに言ってしまいがちになりますが、これを繰り返していると上の子が不公平感を持ってしまいます。

しかし、下の子に対して注意をすると、今度は下の子が「私ばかり怒られる」と言い始めてしまいます。

ケンカの原因はその時々で違いますが、どちらが悪いかはその時々で異なるため、原因となった子の方ばかりを叱っていると、その子から自分ばかりが怒られているという不満が出てきてしまいます。

子育てにおいてはなるべく不公平にならないようにと、どの親御さんも気を遣いがちですが、結局は公平になることの方が少ないので、あまり気にしすぎずに、家のルールに則って対応していくのが一番良いのかもしれません。