定期的なデンタルケアは口臭予防になる

私は子供が産まれる前までは、定期的に歯医者へ行っては、デンタルケアをしてきていました。虫歯などのチェックをしてもらい、歯石除去などケアをしてもらっていました。

しかし、子供が産まれてから、それまで定期的に歯医者へ通っていたことを忘れてしまったかのように、なかなか行かずに過ごしてしまっていました。
歯医者へ行くとしても、自分のことはさておいて、子供の検診やフッ素など、子供中心の用事を済ませることばかりでした。

ブレスマイルウォッシュの効果は評判以上!私の口コミと体験談まとめ!

そんなことを繰り返していたところ、やはり私の口内環境は悪化してしまっていました。
歯の黄ばみ・歯石などが目立ちはじめ、口臭も気になるようになってきました。また、歯磨きのさいに出血があったりするようになったのです。加齢が原因なのではと思っていましたが、やはり定期的なデンタルケアをしていないのは良くないと思い、自分のために歯医者へ行きました。

しっかりと検査を受け、歯石などを除去してもらい、ちゃんとデンタルケアを行ったところ、口臭も気にならなくなり、歯茎からの出血などの炎症もなくなったのです。
やはり、専門家の方に定期的にケアをしていただくということは、何よりも大事なことなんだと、身をもって実感してきました。

女性の歯周病による口臭について

口臭は、大き分けると、生理的口臭、飲食物・嗜好品による口臭、病的口臭、ストレスによる口臭、心理的口臭の5つの種類に別れています。http://amiko-a3.com/

生理的口臭は、誰にでもある匂いで、起床直後、空腹時、緊張時に特にその匂いは強まります。このような状況では、唾液の分泌が減少し、細菌が増殖し、匂いの原因物質が多く作られてしまうためです。これは、歯磨きで細菌や匂いの原因物質を減らす、食事や水分補給により唾液の量を増やすことで、その匂いを弱めることができます。

このような生理的口臭は、生活習慣の改善で良くなることから、治療の必要はありません。

一方、病的口臭は、鼻やのどの病気、呼吸器系の病気、消化器系の病気、糖尿病、肝臓疾患などが原因で口臭が起こることもありますが、病的口臭の約70%が、歯周病によるものをされています。歯周病は、歯と歯茎の間の歯周ポケットに汚れがたまり、炎症をおこす細菌感染症で、口臭の臭いの原因物質の一つであるメチルメルカプタンが発生します。

特に歯周病による口臭は、男性に比べて、女性の方が強いと言われています。これは、歯周病の原因菌の代表であるプレボテラ・インターメディアという菌が女性ホルモンにより増えてしまうことによると考えられています。

唾液は口臭にとてもよいことになります

唾液の減少というのは口の中においてはとてもよくないことです。唾液は口臭予防にとても重要な要素となっています。唾液というのは口の中の細菌とかを減少させる効果があるということにはなっていますので、それが少ないとどうしても口の中が臭くなるということになります。

http://miladablekastad.com/

口の中を洗い流す作用などがあるわけであり、これによって口の中の粘膜を保護する作用などが期待できるようになります。唾液の分泌が少なくなるとむしろ口の中というのは不潔になったりするということになるのでそこから口の臭さというのが発生する可能性が高いです。

どうして唾液が少なくなってしまうのかということなのですが、色々と理由があるのですが例えばストレスであったりとか、病気であったりします。自分の唾液がどうなのかというのはなかなか判断が難しいことではありますが唾液の量を増やすということのためにガムを噛んだりとか飴をなめたりしているというのは実は日々の口臭対策になったりします。

これは誰にでもできることですからお勧めできることでしょう。ガムを噛むというのは本当に効果的なことになります。特にガムを噛んでいて問題ないのであれば積極的に噛むようにしましょう。