目標はSNSのあのモデル!!

30歳の女です。学生時代は周りから憧れられる程の体型で、自分で言うのも難ですが洋服も何を着ても似合いましたし、化粧もヘアメイクもちょっとするだけで結構映えていました。どこで服を買っているのか、好きなブランド、化粧品はどこのものを使っているのかよく聞かれたものです。結構ハードな運動部に所属していたのでどれだけ食べても太らず、羨ましがられていました。

評判以上!ラクルルを購入して飲んだ効果と口コミをレポートします!

しかし、29歳の時に結婚し、妊娠してから体重は一気に+20kgになってしまい、今まで余裕で着られていた服は着られなくなり、肌も荒れ、化粧もヘアメイクも派手目にしなければ顔が大きく見えるし、手足も浮腫んで見えました。
子育てをしながらある時鏡を見ると、自分の記憶の中の自分とはまるで別人の、「細い」という言葉とはまるでかけ離れた自分がそこには映っていました。

当然ショックで言葉も出ませんでした。一気に自分に自信がなくなり、旦那に「どうして私と結婚しようと思ったの?」と聞いてしまう始末。
これではいけないとダイエットを決意しました。

とはいえ1歳になったばかりの子供がいるのでジムに通ったりランニングをするわけにはいかなかったので、子供をベビーカーに乗せて毎日1kmは歩きました。
食事の内容も見直し、炭水化物は少なめ、たんぱく質を多く摂られるようなメニューに変えました。寝る前は腹筋を10回して、日中はなるべく椅子やソファーに座ったり横になったりしないようにしました。

そうして体重は-10kgに。しかし現役時代とは程遠く、まだまだ納得できなかった私はSNSで綺麗な女優さんやモデルさんをフォロー。毎日写真や動画を見るようにしてモチベーションを保つよう努力しました。

そして頑張ること3ヶ月。妊娠前の体重まであと2kgのところまできました!パチパチパチ
何度も心が折れそうになりましたし、リバウンドも何度もしましたが、毎日SNSを見て「自分もこうなるんだ!元の体型に戻すんだ!!」と気合を入れ続けて、今ではリバウンド知らずの体型になりました。現役の頃の体重までもう少し!!これからも頑張ります!!

私が成功したダイエット方法について

今までダイエットをしようと何度心に誓ってきたか分かりませんでしたが今回は成功する事ができました。それは今の新型コロナウイルスの関係でテレワークのスタイルが支流となったので私の生活スタイル全般が変わった事にありました。

http://www.wikischoenstatt.org/

先ず食事に関してですが、今までは会社通いでしたのでお昼と夜はほぼ外食が多かったのですが100%家になりましたのでだいぶヘルシーになりました。特に唐揚げなどの脂っこいものを食べなくなり、煮物やカロリーオフのメニューが多くなりましたし、何よりお酒を飲む機会がめっきり減りましたのでそれも大きく影響しています。

そして運動に関しても今までは会社の往路で精一杯でしたので行う事が出来ませんでしたが、うちの近くには河原がありますので夕方17時を過ぎたら直ぐに仕事を辞めて2キロ位走る様にしたのです。そんな生活が2ヶ月位続きましたので段々とズボンのウエストがゆるくなってきて体重計に乗ると何と2キロも痩せていたのです。

スポーツジムに行ってハードワークをしている訳でも無いのですが生活リズムを変えるだけでここまで痩せる事ができるのだと思い、コロナウイルスは決して良い物ではありませんが、でもテレワークスタイルになった事に関しては感謝をしています。

健康的に痩せる除脂肪ダイエット

腹筋を割りたい!プルプル二の腕から卒業したい!
毎年夏が近づくたびに言っているな、そう感じる人も多いのではないでしょうか。安心してください。あなただけではありません。実に多くの人が同じような考えを持っているでしょう。そしてその中の多くに人が来年も同じことを考えているでしょう。今年こそ!そう思っていざダイエットと思って行動してもリバウンドをしてしまっては意味がありません。健康的に痩せるにはどうすれば良いのか。答えは実に簡単です。消費カロリーが摂取カロリーを上回れば良いだけです。

グラマスパッツ効果!

しかしここに落とし穴があります。『食べる量を減らせばいいんだ』これです。確かに食べる量を減らし摂取カロリーを落としてあげれば体重は簡単に落ちます。しかしそれは脂肪と同時に筋肉も落ちてしまっているのです。筋肉はわかりやすく例えると脂肪を燃やしてくれる工場です。その工場が減ってしまうと脂肪を燃やしにくい身体になってしまいます。そして食べる量を戻した途端に体重は元どおり。この時一番厄介なのが筋肉は減ったまま脂肪により元の体重に戻ってしまうということです。リバウンドの一番怖いところは体重という数字が元に戻ることではなく、より痩せにくい身体が出来上がってしまうというところです。

そうならない為には必要な栄養素はしっかり摂取する。それにつきます。具体的には筋肉作りに欠かせないタンパク質です。鶏胸肉などが有名ですがそれだけで摂取するのは大変でしょう。そんな時はプロテイン飲料に頼るのがおすすめです。手軽にタンパク質補給ができます。野菜などの食物繊維も欠かせません。ダイエットを始めると便秘がちになるのを防いでくれます。

極端な食事制限をするのではなく必要な栄養素をしっかり取りつつどんなものから必要なカロリーを摂取するかを少し考えるだけでかなり変わってくるでしょう。痩せるのと、やつれるのは全く違います。健康的に痩せるならしっかりと栄養を取りつつ筋トレや有酸素運動など取り入れながらダイエットに挑むのが一番です。メリハリボデーに向けて頑張っていきましょう。

朝キャベツダイエット

毎朝、朝ごはんをキャベツにすることで、1か月で2kgほど痩せることができました。プレミアムスリムスキニーレギンスの最安値通販サイトや私の口コミ

具体的にどんなメニューにしたかというと、キャベツの葉を数枚ちぎり洗い、食べやすい大きさに切り(ちぎり)ます。

耐熱皿に入れ、レンジに投入し1分ほど加熱します。

水分が出るので軽く水分を切ります。(火傷に注意)

キャベツの上に生卵を乗せ、さらにレンジで1分20秒ほど加熱します。(卵の硬さはお好みで調節してください)

味付けは、その日の気分でソース、マヨネーズ、塩、マキシマム(万能調味料)等をかけて頂きます。

キャベツは安価で毎日食べても家計を圧迫しません。朝から包丁を使うのも面倒なので、全て手でちぎります。

さらに、食物繊維も豊富なのでお通じの出も良くなります。

また、キャベツだけでは物足りなさも感じますが、卵を乗せることで良質なたんぱく質を取ることもでき、無理なダイエットをしている感じは全くありません。

毎日味変することができ、飽きないので継続できると思います。

急激に痩せるダイエットではないので、特にリバウンド等も気にせず、マイペースで行えると思います。

今までのしたダイエットの中で1番取り組みやすく、継続できたダイエットだと思います。

短期間で痩せる方法

私は食べるのが大好きです。幼稚園や小学校の頃から祖父母に甘やかされて、食べ物を美味しそうに食べると喜んでくれる姿が大好きで、食べ続けていました。また、高校の時は文化部だったのですが、勉強のストレスで、帰宅後唐揚げとスイーツ、そしてしっかり夕食という日々が続き、他の子よりも身体は華奢ではありませんでした。

グラマラスタイル

そして今コロナ禍ということもあり、自分の好きなものを気にせず食べるという生活が続き、また太りました。しかし、体重が増えてくると体が重くなり、今まで入っていた服も入らなくなるという支障が出てきます。いよいよ痩せねば、でも結果がすぐ出ないと嫌だしな…と思っていた時、この方法に出会いました。それは、4分腹筋です!

① 2リットルペットボトルを持ち、15回ノーマルな腹筋をします。
②①と同じ姿勢で、ねじり腹筋を15回します。

③脚を上げ、10回足指先にタッチします。
④脚を上げ、10回足指先にクロスタッチします。

これを繰り返し4分間行うのです。4分と言えば、曲一曲分ですから、好きな歌手の曲を聞いて取り組めばあっという間です。これを2週間続けたら、体重は1.5キロ減り、ウエストも締まりました。ズボラな私でも、4分だけなら続きました。結果を早く求めたい方、オススメです。

おすすめのダイエット方法

 私が今回おすすめするダイエット方法は、単純に体重を落とすという目的ではなく、主に脂肪量を減らして筋肉の割合を増やしたいという方におすすめする方法です。

ラクルル効果!

 まず一つ目は、ウォーキングです。一回のウォーキングでは20分以上を目安に行うことが重要になってきます。ウォーキングをスタートしてから約20分間は、糖質を主にエネルギー源として使います。その後、継続してウォーキングを行うことで、エネルギー源が脂肪に変わっていきます。そのため、ウォーキングは連続して20分以上行うことが重要となってきます。

 二つ目は、ブルガリアンスクワットです。身体における下半身の筋肉の割合はとても高いため、下半身のトレーニングを行うことで、脂肪量を落とし、筋肉量を上昇させることができます。方法は、脚を前後にした際の後ろ足のつま先を椅子くらいの高さのところに置きます。次に、片足を置いた状態でしゃがんだ時に、前の脚が90度になるくらいの幅のところに前脚を置きます。あとは背筋を伸ばした状態でスクワットを行います。このスクワットは、重りを持たない状態でも、脚に負担をかけることができるため、簡易的に鍛えることができます。

 これらの方法が、私のおすすめする方法です。ぜひ試してみてください。

ダイエットのためのメンタルコントロール

短期間で痩せたくて色々と無理をしてしまうという人は多いです。つまりは、ハードな運動をしたりとかそうしたこともありますし、食事制限などもどうしても無理をしすぎるということがあったりします。そしてそれがなかなか上手くいくことなく、ダイエットに失敗する、ということも多いことでしょう。

グラマラスパッツは評判以上!

とにかく長く続けるというのがダイエットにおけるとても大事なことであるといえるでしょう。まさにストレスはダイエットの大敵であるといえることであり、とにかく一回でもよいですから、しっかりと続けることです。そして、わずかでも良いので成功体験を得るようにしましょう。

そうしたことを少しずつ積み重ねていくことによって、ダイエットに対する自信をつけていくことができるようになります。運動とかあるいは食事制限といったようなものを重要視するのは当然なのですがその上でメンタルという部分にもしっかりと目をやるようにした方が良いでしょう。メンタルというのも結構大事なのでそれこそダイエットのために座禅をするというのも結構お勧めできます。とにかくメンタル的にそこまで追い込まれないように、ということを考えて実行したほうがよいのがダイエットです。

人に強要されるダイエットは続かない

私は若い頃は太った、という事がありませんでした。
気になりだしたのが、病院に約半年入院し、退院したころでした。

悪評が多い?メタシボリの真の効果とガチの口コミをご紹介します!

運動しない、何もしなくても衣食住が出来る、そんな環境の中で、食べたい物が食べれない、外に出れない。そんな環境は次第にストレスになり、また体力の低下にもつながりました。
そして退院できてからは、食べたい物を食べたいだけ食べる。という生活習慣が出来てしまいました。

結果、代謝が入院生活で低下した私はどんどん太っていきました。
そして最近、好きな人にダイエットしたら?と言われてしまいました。

ハッキリ言われたことは無いけど、このままじゃマズいのかな?と思い言われるがまま運動する事に。
しかし、退院してわずかしか経ってない私には、仕事をこなすだけで精一杯になって来ました。

それを好きな人にも伝えましたが、体調が良くなってから知り合った彼は理解してくれない。
もう限界と思った時、ついに堪忍袋の緒が切れました。

食べたい物を食べたい時に食べたいだけ食べる。これが出来ないのはしんどい。そもそもダイエットというのは人に言われてから始める物じゃない、危機感を持ちだしてから自分のペースでするものだと。
今回の事で良く分かりました。
ダイエットは強要されるものじゃない。自発的にするものだ。

16時間断食とたまごいっぱい食べる

 現在、某メンタリストさんなどがyou2tubeなどで発信している16時間ダイエットを行っています。http://www.focuspgh.org/

 結果としては、半年で”75kg→67kg”となかなかの結果になりました。

 ダイエットをこれまでも運動をして痩せたりはしてきましたが、アラフォーの私には翌日の体力不足が仕事に影響するのではと考え、なかなか運動は厳しいと考えていました。。

 youtubeで16時間断食を知った時に、これならば休みの日に実行して行けばリスクは低く出来るかもしれないと考え、実行することにしました。そして厳密には16時間断食をしていない日もあります。8時間の食事タイムにはお菓子も食べまくっております。

 また、平行してお昼ご飯にゆで卵を3個食べることも実行しています。

 どうやらたんぱく質を多くとると、食欲が抑えられるという話も聞きました。

 たんぱく質といえば、プロテインですが、ゆで卵3個にて代用が出来るとのことだったので、莫大な個人出費を抑えながら、家族の食事に大体必要な卵を普段より多めに買ってもらい、自分のお小遣い減少リスクを減らしながらダイエットに挑戦しました。

 本来ならここに運動を加えることによってさらに効果が増すハズなのでしょうが、そんなに意思が強いのならばそもそも太ってない訳です。

 そこで、”1日1回はスクワットをする” を最低限の運動のルールにしました。

 いろいろな動画を見てみるとスクワットが効果があると言われているので、リスクがほぼ無く、罪悪感を感じないよう最低限を行っています。

 断食も最初は厳しいと感じますが、やはり慣れてくると”食べてないんだから、腹が減るのはあたりまえでしょう”と自分で自分に説得できるようになってきます。

 現在も続けていますが、ゆるゆると実行し続けていこうと思います。

ダイエットというのは原則的に

原則的にダイエットの基本というのは色々とメリットがあるのですが、まずそもそも痩せるためにはどうすればよいのか、ということがあります。

メディキュットとグラマラスパッツを徹底比較!私の口コミやネット上の評判はどっちが上?

ダイエットの基本はカロリーを減らすということです。ダイエットをするときにはとにかくあまり食べないようにする、ということが大きなポイントであるといえるでしょう。そうすることによって脂肪がどんどん減っていくと言う事になりますから、それがまずはダイエットの方向性としてはベストでしょう。

しかし、ではどうやって食べないようにするのか、カロリーを減らすようにするのか、ということを考える必要性があります。

そこでよいのが、カロリーが低いが満腹感があるものを選ぶようにしましょう。ダイエットをしようという時に考えるべきことは食べないことではなく、食べても我慢できるような状況を作るということになりますので、少しでも満腹感のあるものを食べる、とするとよいでしょう。

バナナなんかはダイエットなどによく用いられるものではありますが甘さではなかなか良い部分があります。しかし、そんなに満腹感はありませんから、あまり向いてはいないです。実はクッキー系がお勧め出来ます。但し、あまり砂糖を使っていないようなものを選ぶようにしましょう。