向上心が大事かも

キレイになりたいとか、今よりも良くなりたいとか、何でもいいんだけど向上心があると痩せることも出来ます。痩せること=キレイじゃないんだけど、日本人女性は痩せればキレイになると勘違いしているからそこは注意するべきですが、向上心があると目標達成しやすくなるのもたしかです。

向上心の起爆剤を探すことも大事です。人間何もしないでいると現状に甘んじてしまう生き物だから向上心の起爆剤になりそうなことを探します。相手に気づかれぬようにライバルを作ってみても良いですね。わたしはジムに通っているから相手に気づかれぬように数人ライバルを作っています。ジムでその人達を見かけるとスイッチが入って頑張れるのです。

http://lidho-ci.org/

ライバルが居なくても向上心を保てる人はわざわざライバルなど作ることなくどんどん目標に向けて進めばいいですね。結局痩せるのもそうだけど、自分を変えることって向上心がなければ出来ないし、向上心がなくなったら終わりだと思うんですよ・・・。

向上心があってこそ人は頑張れるのだから心が折れないようにちゃんと食べてちゃんと眠ること。ちゃんとした生活が出来ていないと向上心なんてすぐになくなってしまうのが人間なんだから・・・。

リバウンドしないダイエット法

何度もダイエットをしたことがあります。そのたびに一定の成果はでるのですが、ダイエットを頑張って痩せても、その後必ずリバウンドしてしまい元通りになってしまうのです。
痩せるだけではなく、痩せたスタイルを維持することが課題でした。

http://www.kicksim.com/

ですので、その原因を考え、対策をしっかり行っていこうと思ったのです。
私の場合のリバウンドの原因はダイエットから解放されたことで、ダイエット中に我慢していたものを食べ、しかも量も多く食べてしまい、太ってしまうことがその理由なのです。

やはり、そこに関係しているのはストレスと思います。
ダイエット中にストレスが大きいので、解放感から大食いしてしまうと思います。
結局、リバウンドでダイエット前より太ってしまうという結果になるのです。

体脂肪を落とすためには、摂取カロリーと消費カロリーの差を作ることが必要と言われますが、その差をストレスのかからない程度にすることで、リバウンドを無くしていこうと思っています。1つの食材を食べ続けたり、糖質や糖質を極端にカットするのは、心身ともに良くないので、ダイエットの中身をよく考え、ダイエット後の影響も考えやっていきたいと思いました。
何としてもトライアンドエラーでもありますが、ダイエットを成功に導きます。

プチ断食でリバウンドなしのダイエットに成功!

毎日の食事を少しずつ減らしながら、10日間で1食を完全に抜き、その間は飲み物だけで過ごし、夕方に1~2時間の散歩を3ヶ月続けたら11キロ痩せました。

グラマラスパッツの口コミと効果をレポート!

体重計に頻繁に乗るのがコツで、食べる前、食べた後、トイレ後などで体重を測り、胃や腸に残っている未消化の食べ物の総量を把握します。ですから、減らすのは何でも良いです。

お味噌汁、惣菜のなかの唐揚げ1個や2個を減らして、少し物足りないなと思ったら、飲み物で牛乳とか豆乳を飲むようにします。一応は体の活動に必要な糖分だけは必ず摂取していることになるので、結構散歩時間中にお腹が減ることもないです。最近では1日まるごと食べなかったりしますが、その分、しっかり食べる日もきちんと設けているので、結果的には体重は元に戻ることはありません。

それと、よく誤解されてますがリバウンドとは即座に体重が戻ってくるのではなくて、少しずつ体重が減るのとスピードは同じです。ですから、痩せようと食事を減らしたら、そこから数日後に体重が減り始める事になります。体重計に乗るのは、こうした自分の消化時間と胃と腸が空っぽになるタイミングを知ることでもあるので、本当にお腹が減ったら食べるのは普通でいい、まだあるなら食事量は減らしても問題ないとなります。

私流のダイエット成功のポイントは結局…。

いきなり結論で終わってしまいそうな勢いですが(笑)

そう、結論から言います。
「負けず嫌い」ということです。
あくまで他の方に試して欲しいとか言うものではないです。私にとってのポイントだったと言うだけです。

グラマラスパッツとグラマラナイトスリムは評判通り?効果と私の口コミ体験談!

仲の良いお友達が突然「今日からダイエットする!」宣言をしてきました。それに乗っかっただけと言う、とても浅い始まりでした。
ただ競い合う相手が目の前に居ると、異常な程の負けず嫌いを発揮する私は考えました。
余りに厳しい制限を課すと、きっと疲れるし体を壊す。それはスマートではない…ではどうすれば?

まず、三食きっちり食べました。元々、食べることが大好きなのでいかにお腹を満たすか?ストレスを貯めないかと言うことに注意しました。
幸い、野菜とお酢が大好きだったのでそれを最大限に活かしたメニューでお腹は満たされ炭水化物の摂取量はぐんと減りました。
合間の空腹には、ガムや薄めたホットミルクで対応。
口にしたものは全てノートに記載しました。

そしてお風呂では軽くスクワットやストレッチをして汗を流し、気分をスッキリさせました。

そして、私には後2つ決めたことが有りました。
1つ目は「一週間に一度はカロリーを気にせず食べる」です。良く言われる手法ですが、余裕を持たせないと精神的にもちません。これは正解だと思います。
そして2つ目は「他人と食事をする時は普通に選ぶ」です。これは他人に気を遣わせないこととその場の雰囲気を壊さないためです。ただ、定食ならば少しご飯を減らして貰うとかはありましたが(笑)

食事と適度な運動だけで、2ヶ月で10キロ落とせました。数キロ減った所で一度停滞しましたが、ぶれることなく続けた結果です。
ぶれなかった理由は、やはり競える相手が居たことです。宣言するだけでは弱いです(確固たる理由があれば別ですが)
そして、お友達の方なんですが…
極端な食事制限から体調を崩し、入院してしまいました。数値だけで言えばかなり落ちたのですが、痩せたというよりは「やつれた」感じでした。

私はこれからも「負けず嫌い」と「健康」を軸に体重管理を続けていきたいと思います。

階段昇降トレーニング

今回は階段昇降トレーニングについて書いていきたいと思います。私もこのトレーニング法を聞くのは初めてで、調べてみるとこういうこともあるのだと初めて知りました。簡単にではありますが、ここで少し述べたいと思います。

http://mumoftheworld.com/

 運動療法には万能薬のような作用がある。運動を続けることで、糖尿病や高血圧が改善し、心筋梗塞や脳卒中、腎臓病、がんなど、さまざまな病気の予防や改善につながる。運動は体の老化を遅くする最良の手段になるだけではない。メンタル面でも良い効果があり、うつや認知症の予防・改善にも役立つことが確かめられている。

 

「インターバル・トレーニング」を取り入れれば、1日に10分の運動でも効果があるという。週に3回以上行えば、たとえ数分の運動でも、体を変えることができます。階段の昇降は、いつでも、どこでもできる運動です。「インターバル・トレーニング」は、高負荷と低負荷の運動を交互に繰り返すトレーニング方法。やや早歩きのウォーキングとゆっくりとしたウォーキングを数分毎に繰り返すのが代表的だが、これに「階段昇降」を取り入れると、より効果的であることが判明しました。

 

「階段の上り下りは誰でも、いつでも、身近でできる運動です。わずか20秒の階段昇降であっても、やらないでいるよりも、やった方が良いのです」と、カナダのマックマスター大学運動生理学部のマーチン ギバラ教授は言う。

 過去の研究では、階段昇降の運動は週に70分行わないと効果がないと報告されていたが、ギバラ教授の研究では、それより少ない時間でも十分に効果を得られ、心血管性フィットネスが向上することが判明した。それを実現するのが「インターバル・トレーニング」だという。

 「インターバル・トレーニング」は運動を日常生活の中に取り入れるために、非常に便利で実行しやすい手段となる。運動の時間を作れない人でも、「インターバル・トレーニング」であれば、生活の空いた時間にできるので、続けられる可能性が高い。運動の強度を高めれば、短時間のトレーニングでも効果を得られることが実証されており、近年は特に注目されてきている。

 今回はいろいろ調べた結果、このような実験もしていることが分かりました。

運動不足な方にも是非試みて頂きたいと思いました。

むくみ撃退!すらっと美脚を手に入れる!!

ダイエットというと何かを無理してしなければならない。

食事、運動など…そういうイメージはありませんか?http://www.one2seven.org/

今から紹介するのは私が実際やってみて長続き、そして実際に脚が細くなった方法をお教えします!

私が実際にやってみたダイエット方法とは脚を20分間上に伸ばすということでした。

壁に沿い、腰をぴったりと壁に当てて脚を上にあげる。

これだけです!!!

テレビを見ながらでも家族と喋りながらでも携帯をいじりながらでも出来ることです。

女性にとっても大敵な”むくみ”は脚の血流の循環が悪くなり水分が溜まりむくみに繋がります。

事務職でデスクワークの方も接客業で走り回っている方などもむくみはなかなか避けれないものです。

そんな中お手軽にできる方法として「脚を上に向ける」のです。

できればお風呂に入ったとなど体が暖まっている時にやると効果は抜群だと思います。

毎日少しずつでもやれば必ずむくみ撃退できます。

もし余力がある方がいれば、脚を伸ばしたまま軽く気になるところ(ふくらはぎや太ももなど)を

撫でてあげるといいと思います。

軽く撫でるだけでも効果があります。

注意するところは足のつま先から腰の方に撫でることです。

そうすることでリンパが刺激されます。

膝の後ろ、股関節の辺りはゆっくりと流してあげるといいでしょう。

私は食事制限や過度な運動が嫌でまずこれからやってみようと実践しました。

太ももは目標まではいけていないですが内側に少し空間ができました。

ふくらはぎは血流が良くなり、今ではスッキリです。

是非皆さんも今から出来る少しのこと試してみてください!

決めたことをやり続けるだけに絞る

人間誰でもそうですが、出来ることはしますが、出来ないことはしません。むしろ出来ません。
でも、すると決めたことはどうでしょうか。自分で決めたんだから、出来る出来ないではなく、するかしないかだけの問題になります。
ダイエットをする。非常に抽象的なので、何をどのようにするか決めましょう。
私が実際に行い半年で12キロ減らした項目の一部は以下の通りです。

グラマラスパッツ

・1日3食は、きっちり食べる。
→朝食は?私の場合、食パン(ライ麦入り)を焼き、ケチャップを軽くかけ目玉焼きを乗せて食べています。
→昼食は?会社の同僚と一緒にため、食事制限は難しい状況なので普通盛りを食べます。大盛りは食べません。
→晩御飯は?徹底して米を食べないようにしました。1つの糖質制限です。その代わり野菜を主食におかずは普通に食べました。肉や魚も普通に食べます。
・朝晩の筋トレは約40分づつ行う。朝は起床からのルーティーンを時間で決めており、6時起床。6時半~7時10分までトレーニング。晩御飯後、1時間でタイマーセット。タイマーが鳴れば開始する。トレーニングは何を行うかメニューを決めておく。決めた通り行う。逆に決めたことしかしない。
・筋トレ後のプロテインは飲むようにする。
・毎日同じタイミング(朝トレ後など)で体重計に乗り、毎日記録をスマホに取り見返せるようにする。
他にも色々成功体験から皆さんに伝えたいことはありますが、とりあえず上記項目を行えば必ず痩せると思います。

ダイエットにおける基本

 ダイエットをするきっかけは、大体が「今までの生活によって作られた体の何かが気になっているから」であると思います。なので、「今までの生活を変える」という作業を行うのですが、そこで簡単にダイエット法みたいなものに飛びついてしまったり、安易に考えてしまったりする人もいますね。何かを行うということについては、とても素晴らしいことだと思います。

グラマラスパッツ

ただ、これでは少し勿体ないです。最終地点はどこでしょうか?ダイエットを行わなくても、健康的な体や理想的な体をキープしていけることなのではないでしょうか。それであれば、目の前の結果だけでなく、長期的に得られる結果を目標として行動する方が、ダイエットの目標達成により近づくことができますね。

 このようなお話を、フィットネストレーナーでダイエットの指導をしていた時に毎回お伝えしていました。短期的な目標と長期的な目標を具体的に立て、決して偏ったダイエット法はお勧めせずに、1ヶ月1kg減量を基準の目標として、小さなできることから少しずつ時間をかけて始めていきます。多くの方が、体重の数値だけを気にされたりしているのですが、丁寧にお話していくことで、考え方が変わってきます。数値は二の次になり、健康的な体づくりを意識して、生活習慣から変えてくようになり、今まで健康の弊害となっていた習慣を変えて、良いものとされることを取り入れ習慣化していきます。

この無理のない生活習慣の見直しが、今後の自分の体を作っていくことになるわけです。このダイエットの指導は2ヶ月間のプログラムなのですが、これを達成できた方はずっと体をキープしています。反対に一時的に無理したダイエットを行った方は、止めるとリバウンドしたり元に戻ってしまったりします。

 ですので、ダイエットの基本は生活習慣の見直しです!食事の取り方、食べるものの種類、食べる時間、適度な運動(活動量)、質の良い睡眠、ストレスを溜めない休息というような、一般的に言われていることをどのくらいできているか、というところを確認することが重要になります。これを機会に、是非、ご自身の生活習慣を振り返ってみてください。