ニキビと、ニキビ跡。

つるつる、むき卵や陶器のような滑らかなお肌。若かりし頃、どれだけ憧れたことか。http://www.deepklassified.com/

お肌の強さやきれいさって、使う化粧品やお手入れで変わってくると思うけれど、それでも遺伝が大きく関係していると、私は思う。

私の母は、70を超えた今でもシミも少なく、白くてつるつる。基礎化粧品やメイク用品は、何を使っても肌荒れしたことがない。母の母、つまり私の祖母もきれいな肌をしていた。

それに対して父は・・・若いころ、ニキビに悩まされたそう。毛穴の開きも大きいし、もう、見るからに、私と同じ肌質。明らかに父からの遺伝だな・・・父方の親戚は皆、肌が弱いらしいし・・

(でも、父の目は大きくはっきりとした二重。母は一重。私が二重で生まれたのは、父のおかげ。なんだか悩ましいけれど。)

私とニキビとの闘いは、20代前半から。そう、お化粧をしだした頃から、始まった。

デパートで買うような化粧品を使うと、決まって肌荒れした。頬全体と、あご、おでこに、赤くて膿んだ大きなニキビがいくつも出来た。

ニキビ用や、敏感肌用の化粧品も使ってみたけれど、まったく効果もなく。そして一番いけないのは、出来たニキビを気にして、どうしても触ってしまうこと。自分でつぶしてしまうこと・・・これがのちのニキビ跡になる。でも気になって、触らずにはいられなかった・・。

あまりにひどい顔だったので、バイト先の顔なじみのお客さんからも心配された。いちいち人の言葉に傷ついた。そのころの写真は1枚も撮っていない。自分の顔、肌が大嫌いだった。

少しずつ良くなってきたのは、ネットで調べて買った、プラセンタの美容液を使うようになってから。

それと、基礎化粧品もメイク用品もすべて変えて、食生活もそれなりに気を付けるようにした。

25歳くらいから5年間くらい悩まされたニキビとの闘い。ニキビが出来なくなったら、今度はそのニキビ跡との闘いだったけれど・・・

ニキビ跡は、通っていたエステで勧められた基礎化粧品に変えてから、少しずつ改善。

エステ専売品だから、セットでそろえると10万円ちかくした。悩んだけれど、少しでもきれいになりたくて・・がんばった。

結局、高過ぎて続かなかったのだけど、不思議と、年を重ねるごとに、ニキビはできにくくなり、跡も少しずつ、少しずつ改善されていった。

脂性肌は年を取った時にシワができにくいと聞いたことがある。まさにその通りかも。ニキビと跡には、根気が必要・・。

朝晩の洗顔を正しくおこなう

私の肌は、寒い冬や春先の黄砂で、がさつきによる痒みがあって、1年中悩まされています。

また、敏感肌で夏は日焼けをすると赤くなり、痒みが出てきます。

ふだんは、ノーメークですが、出かける場所によってすることもあります。

今回は、私自身が肌のトラブルについて、リサーチしたことを書いていきます。

私が、今1番に重点をおいているのが食事で、お肉や魚は適量に摂り、野菜を必ず多めに食べるように努力しています。

また、赤血球が少なく鉄分不足になりやすく薬を飲まなければ、いけなくなることもあります。

薬は、2ヶ月ぐらい飲んで、数値が正常になったら、飲まなくてもよくなります。その繰り返しだったので、考えた末、サプリメントを飲み始めることにしました。

今飲んでいるは、鉄分とビタミン類が入っているもので、飲んで1ヶ月経ちましたが、いつものように顔の痒みは出てきていません。

それともう一つ、基礎化粧品をしっかりやっています。

私が使用している化粧水・乳液は600円~1000円(ネットショップで購入)の日本酒で有名な「菊正宗」を使用しています。

日本酒はアミノ酸、中でも保湿効果のあるセリンは肌に欠かせない成分で、アラニンやグリシンなども肌の潤いを保つ天然保湿因子の原料となっています。

日本酒を直接肌に付けて、刺激にならないかなと心配な方も多いので使用する前に調べてみてください。

一般的に、肌のトラブル原因は、季節によって気温や室温が変化していて、顔や手肌の皮膚は常に外気に触れているのが原因と言われています。

それともう一つは、体の内部の栄養不足やストレス、睡眠不足、疲労の蓄積などです。

また、最もよくないのが「偏食」で、栄養のアンバランスとその結果としての肌に不可欠なビタミン類の欠乏になります。

油断していると、体の中に取り込んだ有害なものを解毒する働きをもつ、肝臓の具合が悪くなっていきます。

また、便秘で腸内環境が悪いと肌のトラブルや、体の全体に害が及びます。

ニキビ・吹き出もの、シミ・そばかす、肌荒れ・カサつきなどの肌トラブルの解決法は、バランスの良い食事、適度な運動をする、睡眠時間をつくること。

外部からは、保水ケア、紫外線対策、朝晩の洗顔を正しくおこなうことです。

いつまでも、若々しい肌でいたいと思うのは、世界中の女性の願いです。

米ぬかの酵素での洗顔

私はずっと鼻の毛穴の角栓と戦い続けています。

私が鼻の角栓の存在に気付いたのは初めてニキビができた小学5年生の時でした。

鼻にできたニキビはどんどん大きくなり、気になった私が軽くつまんだ拍子にニキビが弾け、中から大量に膿や角栓が飛び出してきました。

その時の衝撃が忘れられず、その後何度も鼻のニキビを潰したり、角栓を押出してしまいました。

繰り返すうちにどんどん毛穴が広がり、黒ずみが目立つようになりました。

中学生になるとはがすタイプのパックや、毛穴ケアに効果のあると書いている洗顔フォームを試してみましたが、あまり効果はありませんでした。

高校生になるとメイクを覚えて、毛穴の黒ずみを隠すようになりましたが、汗をかくとかえって汚く目立つようになり、更に悩みが大きくなりました。

専門学校に進学し、脱毛サロンに通い始めると、顔の脱毛と毛穴を小さくするライトでの施術を勧められました。

1年くらい継続してサロンに通っていましたがこれに関しては全く効果は感じられませんでした。

そして就職し、ある程度自分の為に使えるお金が増えてきた今では、米ぬかの酵素での洗顔と、アロエスクラブの洗顔、洗顔以外の基礎化粧品を自分の肌にあったものにすることで少しずつ目立たなくなってきました。

ですがまだまだ満足できるレベルではないので、美容系YouTubeを見たり、お店でカウンセリングを受けたりと今でも戦いの日々は続いています。

どうにかしたい肌の乾燥

冬場になると、乾燥した気候が多いせいなのか、肌の乾燥がひどくなります。特に顔の額や、頬の乾燥がひどくなり、毎年その対策を色々と試しています。

基本的な対策としては、スキンクリームや乳液などを塗るという簡単な事ですが、その成分によっての効果が全然違うので、現時点で一番効果が続きているものをご紹介します。

過去には、乳児用や成人用のスキンクリームを試していましたが、午前中にはもう効果がなくなり、乾燥が始まってしまいました。

次に試したのが、尿素成分入りのスキンクリームでした。これは通常よりも効果が長く、朝の洗顔後の処置から夕方まで何とか効果が持続しました。

しかし、午後になってくると少し塗り付けた部分がかゆくなる事があり、1か月ほどで使用を中止しました。

次に試したものが、天然植物から抽出したオイルです。これは、ほぼ一日効果が持続するのですが、何となくずっと塗った個所がテカッてしまい、額に塗るにはちょっと

抵抗感がありました。そして、現在は動物性油が添加されている保湿クリームです。初めは、臭いが心配でしたが、この商品はサクラの香りが添加されており逆に良い香りが

しますし、効果も1日持続しています。私はこれが現在1番効果があるのですが、体質にも関係があると思いますので、ご自身に適した物を色々試してみて、ベストを見つけてみて下さい。

クレンジングしても洗顔しても取れない角栓に途方に暮れる

ほとんど毎日化粧をしていますが、クレンジングしても洗顔をしても、どうしても毛穴に残る白いもの。

中途半端に飛び出したままになっていたり、翌朝に洗顔したところで、取れるわけもなく

その上からファンデーションをすれば、まるで産毛が濃くなったように見えて余計に目立つ始末です。

保湿ができていないとか、使っているクレンジングが悪いとか、ネットで調べても意見は色々あって

どれも試してはみたものの、改善される事はなく、途方に暮れています。

毛穴パックも、毛穴が広がるから余計に悪循環など書かれてはいても、ここまで色々試して効果がなく

化粧をするたびに目立ってしまうと、ついやりたくなる衝動にかられます。

新しくネット広告で出ていた洗顔後とかに使うミスト、それを使うと、残りの汚れも落ちるという事で

すがる思いで使ってみましたが、確かに、ツルンとした感じにはなり、汚れのような濁り水滴も出てくるので

もしかして、このまま継続すればという期待を込めて、今1本を使い切ろうとしています。

美容専門のかたに聞く限りでは、角栓は誰でも詰まっていて、無理やり取る事はおすすめできないとの事で

とにかく、小まめにケアしていくしかないようでした。

しかし、やるのとやらないのとでは、多少なりとも効果が違うはずなので、他の肌の悩みでシワやほうれい線、

毛穴の開きや黒ずみもあるので、トータルで考えてこれからも色々試してはケアしていこうと思っています。