私は色白ですぐに赤ら顔になってしまいます。

私は色白ですぐに赤ら顔になってしまうことが悩みです。結構会うたび会うたびに白いね、とか気持ち悪いとか言われます。白いね、とかは誉め言葉かもしれませんが、気持ち悪いといわれるとやっぱりいやだなと感じています。なので、私は少しでも色黒になろうと思って最近始めていることがあります。

http://www.laemcasahostel.com/

それは、お肌に良いといわれているビタミンを取るべくビタミン剤を飲むということと、なるべく日光に当たるということです。私は結構人よりも敏感というか、何かにつけてストレスが溜まってしまうということが挙げられます。なので私は最近ストレスがため込まないようにするためにいろいろと考えるようになりました。

まず、自分の肌を何も言われないように言われるところに出かけないとか、あとは白さを変えるために、もう少し外で日光浴しようとか、いろいろと感じることが多いので人生の生き方から見直そうと思っています。私は正直言うとやっぱりいろいろともっと肌の体質を改善していかなければならないなということを感じています。

なかなか難しいですがやっぱりいろいろと考え物だと思います。これからも私はいろいろと頑張ってお肌に良いものを大切にしていきたいなと思います。

突如!顔に出現したできものについて。

男性女性関わらず、悩みの種である肌の状態。

乾燥肌、肌荒れ、ニキビなど様々な悩みがある中で、今回は「できもの」について書いていきます。

ある日の朝、いつものように目を覚まして顔を洗いに洗面所に行った私は鏡を見てある異変に気が付きました。

鼻の左横に「できもの」があることに。ラントゥルースは効果あり?

皆様も一度はご経験あると思いますが、顔にできものができると凄く気になります。当時の私も鏡を見てそれがあるだけでストレスを溜めていました。

恐らくニキビだろうといつ通り洗顔をしつつ、にきびのお薬をドラッグストアで購入して使っていたのですが、結果的に治らなかったです。

一か月以上、顔に居座り続ける「できもの」にさすがに違和感を感じた私は最寄りの皮膚科病院に行きました。

そこで診察をしてもらってわかったことは、私の「できもの」はニキビではなく市販の薬を使っても治らないという事実でした。

恐らく病院に行かなければ、永遠と市販の薬を塗り続けていたでしょう。

同病院で適切な治療をして頂き、私の顔に「できもの」はありません。

この件で私が学んだのは、素人判断で肌の問題を解決しようとするより、病院のプロの方に相談し適切な対応を取る方が良いという当たり前ですが大切なことでした。

人によっては「面倒くさい」と思うかもしれないですが、お肌の問題は「面倒くさい」を繰り返すことによって悪化していくと私は考えています。

日常的にお肌のケアをしつつ、「面倒くさい」を乗り越えて綺麗な肌を目指していきましょう!

ニキビができたら私はこれ

ストレスや、不規則な生活、食生活で簡単にできてしまうニキビ。しかも治ったと思ったらまた同じところにできてしまったなんてこともしばしば。顔を見たときにできていると、テンションも下がるし、中には痛痒いものも、、。

ととのうみすとの口コミと効果を暴露!販売店での市販状況などもレポートします!

ニキビは皆さん早く治したいものですよね。
ニキビ用の薬は沢山ありますが、寝ている間に取れてしまったり日中も化粧などでできないこともあると思います。

なので私は、ニキビパットというものを使用するようになりました。私がニキビパットに出会ったのは韓国旅行に行ったときでした。韓国に詳しい友人がドラッグストアに連れて行ってくれて、「これ、ニキビができたところに貼るとすぐ治るんだよ」と紹介をしてくれたのがきっかけです。

商品のジップロックを開けると、中には透明な丸いテープが入っていてそれをニキビが出来てしまったところに貼るだけです。つけた感じも違和感があまりなく、透明なため、見た目もそこまで気になりません。しかも気になって触ってしまうという心配や、飲み物や食べ物で汚れて不清潔になってしまうことありません。

一日つけて剥がすとニキビがとても小さくなっていました。韓国で買ったものがなくなった時、Amazonでも売っていているのを発見しリピート買いした商品でした。

肌のたるみは日々のケアが大事!誰でもできる3ポイントを紹介

目の下や口元の肌のたるみが気になる方は毎日コツコツとケアして改善しましょう。

アスハダの効果と私の口コミ!購入して3ヶ月使用した体験談をレビューでお届け!

肌のたるみが起こるのはなぜか。

それは年齢を重ねるとともに

・ハリ成分の衰え

・表情筋の衰え

・代謝機能の低下

・毛穴の広がり

などが原因となり肌がたるんでしまうのです。

最近はマスクを着けている時間が長いことから自然と表情が乏しくなり、表情筋が衰えてしまうのも原因とされています。

また、肌は足の指先から頭皮まで一枚の皮膚でできているので、頭皮が固くなっていると顔の血流が悪くなり、たるみの原因となることもあるようです。

たとえば、肌のたるみの改善につながる方法を3つご紹介します。

1つ目、猫背や巻き肩などの姿勢の改善

姿勢が悪いと背中が丸まって首が前に出てしまい、フェイスラインがたるみやすくなるので、正しい姿勢を心掛けて。

また、肩甲骨周りの筋肉をほぐすのも効果的です。

2つ目、頭皮マッサージ・フェイスマッサージ

パソコンを使用して仕事をしている人やスマホを見る時間が長い人は、眼精疲労から頭皮が固くなりがちです。

指の腹で側頭部を円を描くようにマッサージすると気持ちがよく、血流もよくなります。

目頭を指圧するのも効果的です。

3つ目、ベロを回して肌を鍛える

口を閉じベロの先を歯茎をなぞるように1周させ、右回り30回、左回り30回する。

30回となるとかなり疲れますが、口元のたるみに効果抜群です。

肌のたるみには即効性を期待するよりも、毎日コツコツとケアすることでたるみのないすっきりとしたフェイスラインを保つことが出来ます。

朝の化粧前やお風呂後の夜のケアの際のルーティンにしてみてはどうでしょう。

私はお肌がとても乾燥しがちです。

私はお肌が乾燥しがちなので、いつも乾燥しないようにクリームを塗っています。最近は特に感想がひどくて、こまっているのですが、かきむしることもできませんので優しく扱っているつもりです。やっぱりおふろあがりはお肌がとても突っ張ってしまいますので、いつも専用の化粧水をつけてしのいでいます。

レナセルクリアセラムを使用した私の口コミ!人気美容液の使い方や実際の効果などをこっそり報告…!

私が最近気にしていることは、結構肌が乾燥すると突っ張ってしまうのでなかなか水分確保が難しいなと思っていることです。自分はそれなりに水分を確保しているつもりなのですが、それがなかなか思い通りになっていないというか、体はもっともっとというように水分を求めてきているような気がしています。ということで私は結構たくさん水分を取ろうと思ってよくお茶を飲んでいます。私の家にはお茶のパックがあって、それを使って毎日お茶を補給しています。

なので1にち1つの袋は使ってしまう感じですがそうでもしなければお肌が結構乾燥してしまいます。やっぱり人間には水分が大事なんだろうなと思うことがよくありますし、お肌が結構たくさん乾燥してしまう原因はストレスもあると思うのでそういったストレスを減らそうと思っています。少しずつ少しずつ頑張っていこうと思います。

怖いものは時の経過と重力…!加齢による肌の変化

昔、TVのCMでよく聞きました。

http://svepm2019.org/

「20代の頃はいいのよ、嫌なことあっても寝て起きたら顔つるつるしてるんだから。問題は30代よね。」

美しい大女優さんが何年もしているCM。

いや~…本当でした。

正直、お肌には自信がありました。化粧を始めたのがハタチ過ぎと、当時は周りより遅かったので、肌ダメージの蓄積歴は短く、そんなに敏感肌でもないため肌トラブルは、たまに出来るニキビくらい。つぶしちゃって跡が残ることもあったけど、何だかんだ最後には綺麗に消えてくれてました。

でも30歳超えたあたりから、いつまでも残るニキビ跡…!ていうか、30超えてもニキビって出来るもんなの?私、お肌汚いんじゃない?

撮ってもらった写真を見て驚く。

え?これ私?写真映り悪くない? え?いつもと変わらない?(もっと驚く。泣)

鏡じゃ、もっと肌明るくて若々しいんですけど~。

鏡が真実を映さなくなった…。(自分の”思い込み”が映るように…苦笑)

マスクを外すと、自分の予想より老け込んだ顔が鏡に映る!

笑ってもないのに入ってるシワ。

ほっぺたを手で少し上げてみるとシワはなくなって「え、これが本当の私の顔じゃなかった?今は違うのね。ほっぺの肉、下がってるってことか~…。」

こんなに顔にホクロあったっけ?これなんか、ちょっと大きい…もしや、シミ?

時が経てば経つほど、鏡を見れば見るほど、肌の劣化を感じる36歳です…。

疲れた時に繰り返してしまう吹き出物

仕事で夜少し遅くなってしまったり、睡眠不足や疲労が重なると、必ず口周りの同じ位置に吹き出物が出るようになっています。

モイスポイントの効果と口コミ評価!最安値で購入可能な通販サイトも紹介します!

一度できてしまうと、治りが悪くてメイクをするのも一苦労と言った感じです。

昔は少し無理をしても、そんなにできものなどのトラブルが起きなかったので、こういうことを繰り返してしまうのも、やはり年齢もあるのかなと悲しくなってしまいます。

そういったできもの用の化粧水や飲み薬などを使用してもあまり、簡単には治るものではなく、毎日鏡を見るのが怖くなるほどです。

こういった肌のサイクルって、一生懸命に治そうすればするほど、悪化したりするもので、気にしないでいた方が治りがよかったりするんですよね。

しかし、食べ物によっても肌に影響はあるというので、下手にケアに必死になるよりも、食べ物から気をつけた方がいいなんてこともあります。

どうしても、疲れるような状況にある時は、食事のリズムがくるってしまったり、疲れから食べないこともあれば、逆に暴飲暴食してしまうこともあるので、十分注意しないといけません。

あとはいくら忙しくても睡眠って本当に大切で、しっかりと休まないと、肌のターンオーバーもうまくいかなくなりますし、ストレスもため込まないようにしないとですね。

毛穴の黒ずみや角栓の悩み

鏡を見るたびに気になる鼻や頬の毛穴の黒ずみ。「蒸しタオルで毛穴を開くと良い」「お風呂などで肌が柔らかくなった時にケアすると良い」なんてよく聞きますが、あまり劇的に改善してくれません。仕方ないからお化粧で隠すんですけど、カバー力の高い化粧品を使うとどうしてもクレンジングでメイクが落ちなくて毛穴に残ってしまい、それがまた黒ずみの原因になる…という負のスパイラルに陥ってしまいます。

アスハダの効果を徹底検証!購入して3ヶ月使用したアラサー女子の口コミ&評価!

鼻の角栓も大きな悩みです。角栓が詰まってるのを見るとどうしても押し出してしまいたくなるんですけど、これって毛穴トラブルの原因になるんですよね。そうは分かっていても、角栓がニュルっと出てくるのが気持ちよくてついついやってしまいます。毛穴パックも、さすがに毎日はやりませんが週に1~2回くらいの頻度でやっています。この毛穴パックも賛否両論で、中には「毛穴パックは百害あって一利なし」なんて言う人も。しかしこれも、角栓がゴソッと取れるのが気持ちよくてやめられません。

最近は、毛穴専用の下地やコンシーラーで上手く隠し、クレンジングは少し高くても洗浄力があってお肌に優しいものを使うようにしています。さすが毛穴専用の下地、普通の下地よりも毛穴がうまく隠れます。毛穴の悩みには毛穴専用のアイテムを、っていうことなんでしょうね。

ニキビと、ニキビ跡。

つるつる、むき卵や陶器のような滑らかなお肌。若かりし頃、どれだけ憧れたことか。http://www.deepklassified.com/

お肌の強さやきれいさって、使う化粧品やお手入れで変わってくると思うけれど、それでも遺伝が大きく関係していると、私は思う。

私の母は、70を超えた今でもシミも少なく、白くてつるつる。基礎化粧品やメイク用品は、何を使っても肌荒れしたことがない。母の母、つまり私の祖母もきれいな肌をしていた。

それに対して父は・・・若いころ、ニキビに悩まされたそう。毛穴の開きも大きいし、もう、見るからに、私と同じ肌質。明らかに父からの遺伝だな・・・父方の親戚は皆、肌が弱いらしいし・・

(でも、父の目は大きくはっきりとした二重。母は一重。私が二重で生まれたのは、父のおかげ。なんだか悩ましいけれど。)

私とニキビとの闘いは、20代前半から。そう、お化粧をしだした頃から、始まった。

デパートで買うような化粧品を使うと、決まって肌荒れした。頬全体と、あご、おでこに、赤くて膿んだ大きなニキビがいくつも出来た。

ニキビ用や、敏感肌用の化粧品も使ってみたけれど、まったく効果もなく。そして一番いけないのは、出来たニキビを気にして、どうしても触ってしまうこと。自分でつぶしてしまうこと・・・これがのちのニキビ跡になる。でも気になって、触らずにはいられなかった・・。

あまりにひどい顔だったので、バイト先の顔なじみのお客さんからも心配された。いちいち人の言葉に傷ついた。そのころの写真は1枚も撮っていない。自分の顔、肌が大嫌いだった。

少しずつ良くなってきたのは、ネットで調べて買った、プラセンタの美容液を使うようになってから。

それと、基礎化粧品もメイク用品もすべて変えて、食生活もそれなりに気を付けるようにした。

25歳くらいから5年間くらい悩まされたニキビとの闘い。ニキビが出来なくなったら、今度はそのニキビ跡との闘いだったけれど・・・

ニキビ跡は、通っていたエステで勧められた基礎化粧品に変えてから、少しずつ改善。

エステ専売品だから、セットでそろえると10万円ちかくした。悩んだけれど、少しでもきれいになりたくて・・がんばった。

結局、高過ぎて続かなかったのだけど、不思議と、年を重ねるごとに、ニキビはできにくくなり、跡も少しずつ、少しずつ改善されていった。

脂性肌は年を取った時にシワができにくいと聞いたことがある。まさにその通りかも。ニキビと跡には、根気が必要・・。

朝晩の洗顔を正しくおこなう

私の肌は、寒い冬や春先の黄砂で、がさつきによる痒みがあって、1年中悩まされています。

また、敏感肌で夏は日焼けをすると赤くなり、痒みが出てきます。

ふだんは、ノーメークですが、出かける場所によってすることもあります。

今回は、私自身が肌のトラブルについて、リサーチしたことを書いていきます。

私が、今1番に重点をおいているのが食事で、お肉や魚は適量に摂り、野菜を必ず多めに食べるように努力しています。

また、赤血球が少なく鉄分不足になりやすく薬を飲まなければ、いけなくなることもあります。

薬は、2ヶ月ぐらい飲んで、数値が正常になったら、飲まなくてもよくなります。その繰り返しだったので、考えた末、サプリメントを飲み始めることにしました。

今飲んでいるは、鉄分とビタミン類が入っているもので、飲んで1ヶ月経ちましたが、いつものように顔の痒みは出てきていません。

それともう一つ、基礎化粧品をしっかりやっています。

私が使用している化粧水・乳液は600円~1000円(ネットショップで購入)の日本酒で有名な「菊正宗」を使用しています。

日本酒はアミノ酸、中でも保湿効果のあるセリンは肌に欠かせない成分で、アラニンやグリシンなども肌の潤いを保つ天然保湿因子の原料となっています。

日本酒を直接肌に付けて、刺激にならないかなと心配な方も多いので使用する前に調べてみてください。

一般的に、肌のトラブル原因は、季節によって気温や室温が変化していて、顔や手肌の皮膚は常に外気に触れているのが原因と言われています。

それともう一つは、体の内部の栄養不足やストレス、睡眠不足、疲労の蓄積などです。

また、最もよくないのが「偏食」で、栄養のアンバランスとその結果としての肌に不可欠なビタミン類の欠乏になります。

油断していると、体の中に取り込んだ有害なものを解毒する働きをもつ、肝臓の具合が悪くなっていきます。

また、便秘で腸内環境が悪いと肌のトラブルや、体の全体に害が及びます。

ニキビ・吹き出もの、シミ・そばかす、肌荒れ・カサつきなどの肌トラブルの解決法は、バランスの良い食事、適度な運動をする、睡眠時間をつくること。

外部からは、保水ケア、紫外線対策、朝晩の洗顔を正しくおこなうことです。

いつまでも、若々しい肌でいたいと思うのは、世界中の女性の願いです。